恋愛

恋愛メソッドを使ったモテは意味がないのか?

 先日はてなブックマークで『なぜ女性の恋愛アドバイスを聞くと非モテになるのか』という記事がホットエントリーに上がっていました。

 内容については「女は女を口説いたことがないから有用なアドバイスをできませんよ。恋愛メソッドを聞くなら同じ男から聞いたほうがいいですよ」というもので、過去僕も似たような記事を書いていたこともあってほぼ同意です。

 ただ今回僕が驚いたのはこの記事に対して「恋愛メソッドを使ってモテても意味がない」と言う男性が多くいたことです。

 これには僕ももう大変驚いてしまいまして。

 特に僕は20代前半に「どうやったらモテるようになるか」を命がけで研究し、地ベタを這いつくばりながら女の子のお尻を追いかけ回し、膨大な数のドタキャンとLINEブロック、そしてちょっとの成功体験を積んだ身なので、思わずPCの画面に向かって「お前本気でそれ言ってるのか?」と叫んでしまいました。

 いや、ね。「恋愛メソッドを使ってモテても意味がない」と言ってありのままでぶつかって行くほうがよっぽど迷惑なんですよ。

 そもそもモテてない状態自体が意味ないって話なんで、きょうびカッコつけて「俺はそんな邪道なやり方はしない!」と言って非モテ守ってる男をどこの女が評価してくれるっていうんですか。スタートが0なんだから、とりあえずなんでもいいから1にしてみろよ、と。

 我々男なんて仕事ができても女の扱い分かってなかったら女性からはまるでゴミクズのように扱われます。「あの上司、仕事はできるかも知れないけど、なんか童貞っぽくて生理的に無理」って。悲しいけど「モテる/モテない」と「仕事ができる/できない」は別軸で考えてもらえませんから。

 そして女の子から蔑まされ、相手にされなくても平気な男なんていません。ただし中には本当に意に介していない人もいるでしょう。でも少なくともこういう記事を覗いて、しかもそこに一言コメントを加えたくなってしまう人が平気でいられるはずがない。たまに「自分は趣味に全振りしてるんで、女には興味ないです」って言う男もいますが、そういうところにちょっと女が一人入り込むと70年代東映ヤクザ映画バリに骨肉の争いを繰り広げるじゃないですか。

 

 それにこの恋愛メソッド無駄論の無意味なところは、例えばこれが営業なら「いやー、先日から商談を進めていたA社との契約ですが、先方からは提案を褒めてもらったのですが契約には至らず結局X社に取られてしまいました。でもX社は色んな企業と節操なく契約を結んでいて、クレームも多いんですよ。クレームの多い会社と分かって契約するところなんかこちらからお断りですよ」と言っているようなもんなんですよ。

 いやいや、まずはお前契約を取ってこいよと。お客さんから褒められたどうかは知らんが、契約が取れてないなら意味がないだろうが。契約が取れていないという事実はそれ以上それ以下でもないだろ。

 「でも事前に提案を練るとか、商談で何を喋るかって自分を偽っているようで、なんか気が進まないんですよねぇ。こう、ありのままの自分をバーンッとぶつけていって、それで相手に自分のことを好きになってもらいたいというか」

 なんて言い出したらもうホームラン級のバカだなと。

 ありのままでぶつかっていって相手が自分のことを好きになってくれたらそれはいいけど、そのありのままのパーソナリティが女性からニーズがないので我々は非モテをやってるわけじゃないですか。

 

 メソッド無駄論を唱える方の多くが勘違いしていますが、恋愛メソッドは小手先のテクニックで女の子を騙して ”関係” に持ち込むものではなく、いかに女性を魅了するかという手段なんです。

 それこそ巷で人気の恋愛メソッド本である『LOVE理論』『THE GAME』『僕は愛を証明しようと思う』に出てくる振る舞いやフレーズを暗記して、対面の女性に実演したところで簡単に抱けるほど世の中は甘くない。もしトークスクリプトを暗記して、それを言うだけで女の子を簡単にお持ち帰り出来るメソッドがあるならぜひ僕に教えてほしい。謝礼ならいくらでも出す。

 

 恋愛メソッドの批判に「これはあくまで女を抱くための手法であって、深い関係になるためのものではない」という意見があるのですが、その ”女を抱く” にしたって、相手の女の子を魅了しない限りは自宅に持ち帰ることも、お城みたいな建物に一緒に行くことも叶いません。一緒にお酒を酌み交わして、居心地のいい空間を提供して、それで相手が「あぁ、今日はもうこのまま帰りたくないなぁ・・・」って思ってもらえたら、そこで初めて深い関係になれるんですよ。

 我々非モテって世のチャラ男たちをバカにしますけど、彼らだって意識的か無意識か、女の子の望む振る舞いをして相手を楽しませているからチャラチャラやれるのです。テキトーに傍若無人に振る舞っても女は抱けません。そこを無視して「恋愛経験0の俺が考える最強のモテメソッド」なんかやってたって裏で女子会のネタにされるだけですわ。

 それに恋愛メソッドが抱くためだけの方法論だとして、そんなワンチャンだけしてバイバイできるなんてことがあるんですかね? 「お前とは1回だけだ」と言って応じてくれる女の子がどこにいるんでしょう。いるならぜひ教えてほしい。謝礼ならいくらでも出す。

 「僕はチャラチャラやりたいわけじゃない。本当に好きな人ひとりと結ばれればいいんだ!」と叫んでみたって、好きでもない女を造作もなく口説けない男がどうして一番好きな女を口説けるのか。好きな女の前でモジモジしてたって「ふふっ、かわいいのね」なんてならないぞ。「うわっ、気持ち悪っ。マジ無理」って即ブロだぞ。

 

 生まれつきで女性のうまい扱いを覚えるのも、実地で失敗を繰り返しながら覚えるのも、メソッド本を読んで覚えるのも、本人が言い出さなきゃ全くわからないもので、メソッドをガンガン使って女の子を楽しませればいいんですよ。

 特に現在進行系で自身が非モテであることに悩んでいる男性に向かって「メソッドは邪道」「ありのままで向き合うべし」と言ったって、その言葉は何も救いにならないんです。

 確かに女の子にこういう恋愛メソッドをどう思うかと聞くと100%否定的な言葉が返ってきますが、そこから更に「じゃあ『ありのままが一番』と言って好きでもない男から熱心に誘われても好意的に捉えるのか?」と聞くとものすごく嫌な顔をされます。恋愛のメソッドってそんなもんなんですよ。だから周りからバカにされながらもやっていくしか無いんです。

-恋愛

© 2022 名古屋とエンジニアリング