ガジェット

この価格では抜群のコストパフォーマンス『OUKITEL C12 PRO』レビュー

 

『OUKITEL C12 PRO 4G SIMフリースマートフォン』って1万円ちょっとの低価格で売られてるけど、性能はどうなの? バッテリーの持ちは? カメラの性能は?

 

 今回は『OUKITEL C12 PRO』を使って3ヶ月になる僕が、そんな疑問にお答えします。

oukitelc12pro

 

 僕は普段携帯を2台持ちしているのですが、サブ機として使用していたスマホが最近壊れてしまったので、急遽新しい機種を買うことにしました。
 そこでsimフリースマートフォンを探すのですが、ASUSやHuaweiのようなメジャーな機種であれば4万円。SONYやSHARPのような国産メーカーの機種であると10万円近くなることから、どれを買うか決めかねていました。

 あくまで僕はサブ携帯として軽くChromeで調べ物をしたり、Twitterを覗いたりしたいだけなので、そこまで高機能なものは必要としていません。
 かといって極度の低価格帯スマホを使うと以前のDOOGEEの件のように、中にマルウェアが仕込んであって大変なことになりかねません。

 色々と迷った挙げ句、1万2000円と割と低価格な『OUKITEL C12 PRO 4G SIMフリースマートフォン』を買うことにしました。

 

①サブスマホとしては申し分のない性能

 まずこのOUKITEL、僕は本機を買うまでこのようなメーカーは全く知りませんでした。そんな状態でスマホを買うのはだいぶ不安だったのですが、結果としては大変満足しています。

 僕は普段スマホでゲームはせず、使うとしてもネットブラウジングやTwitterの閲覧、そしてたまにYouTubeを見るぐらいなのですが、そういった日常的な使い方であれば全くカクつくことなくストレスフリーで本機を使えてしまいます。

 特に不審な動きをするアプリなどが仕込まれている形跡もないですし、今のところ安心して使えています。

 

②通常使用であれば3日は持つバッテリー

 この『OUKITEL C12 PRO』はバッテリー容量が3300mAhもあり、電池が非常に長持ちとなっています。(iPhone Xのバッテリー容量は2700mAh)。

 サブ機として毎日1~2時間程度の使用であれば4日は持ちますし、メイン機としてガッツリ使ったとしても3日は持ちます。
 イメージとしてはサブ使用でバッテリーが1日25%減少、メイン使用で1日30%超減少といった具合です。

 

③この価格帯では文句のないカメラ画素

 普段僕はそこまでカメラの画質についてのこだわりがないのでなんとも言えませんが、仕様を見ると8MPとあり、実際に撮影をしてみても特に文句のつけようのない画質となっています。

oukitelc12pro_camera

 

④ロック解除が猛烈に便利な指紋認証

 本機には裏面に指紋センサーがあるのですが、こちらを使えば指紋認証に酔って画面ロックを解除できます。
 僕は指紋認証を体験するのが本機で初なのですが、ここまで便利なものとは思いませんでした。画面ロックのパターンを入力することぐらい、ほんの0.1秒ぐらいの動作ですが、それでも指をスライドさせるのとただ押し付けるのだけでが意外と差があります。1万2000円の本体価格で指紋認証までついていたら大したものです。

 あと、僕は使っていませんが顔認証もこのOUKITEL C12 PROには搭載されているそうです。

 

 以上が『OUKITEL C12 PRO』のレビューとなります。

 ほとんどデメリットのない機種ですが、ひとつだけ難点を挙げると「画面が大きく、機体も大きいので、片手だけでは操作しきれない時があり、またポケットに入れて持ち運ぶのには向かない」という点です。本機は一応大画面というのもウリのひとつなので、これは一長一短なのですが、もう少しコンパクトなサイズのものがあればメイン機として使用するのにな、と感じています。

 

 サラリーマンでもサブ機として使用するのであれば十分活用できる性能ですし、ゲームなどやらない限りはメインでも使えます。また普段あまりスマホを使わない高齢層にも合っているかなと思います。

 ぜひオススメです。

▼C11は販売終了となったため最新機種のリンクを貼ります▼

-ガジェット

© 2022 名古屋とエンジニアリング