考え方

100%自分にマッチするビジネスメソッドなどないと気付いてからが勝負

 先日、若手ビジネスマン向けメディアである新R25に掲載されたGACKTさんのインタビュー記事が話題となっていました。

 内容としては結果を出すためにはどのように行動したらよいかについて自身の体験を交えつつ語ったもの。中でも「失敗とは、『結果』ではなく『結果を出すまでのプロセスのこと』である。だから、そもそも傷つく必要がない。」という考え方を身につけさせるために、自分の下にいる若手にはナンパを推奨しているとのことです。

 ネットでの評判としてはここの部分を切り取って「迷惑行為であるナンパを推奨するとは何事だ!!」と憤慨されている方が多く見受けられたのですが、この記事を読んでまず一番最初に出てくる感想がそれというのもちょっとビジネスマンとしてはまずいんじゃないかと思うんです。

 もしこのインタビュー記事がそれこそ一般の芸能ゴシップ誌に掲載され、それを読んでこの感想が出てくるのであればまだ理解できるのですが、今回掲載されているのはビジネス系メディアとしてそれなりに知名度のある新R25。「自身のビジネスに役に立つようなメソッドを知りたい」というマインドで記事を読んでいながら感想が一言それだけというのも寂しいものです。

 GACKTさんは「失敗は結果を出すまでのプロセスである」という事実に気付かせるためのひとつのメソッドとして自身が抱える若手にナンパを推奨しているだけで、別にそこが受け入れられないなら飛び込み営業でもやればいいわけですよ。ましてGACKTさんが一番伝えたいのはこのインタビュー記事の中でも強調して書かれていますが「結果を出す人は、途中でどれだけ失敗しようが結果を出すまでやる」ということ。数千文字ある記事を読んだ果てに出てくる感想が「迷惑行為であるナンパをー」という一言であれば「ほんとにちゃんと記事読んだのか!?」と思ってしまいます。

 

 とは言いつつも、僕は自己啓発やビジネス系の本や記事を読んでこういう反応をしてしまう人の気持ちがものすごくよく分かるんですよね。僕もつい数年前まで全く同じ反応をしていましたから。人一倍そういった意識高い系の文章を読む割には、実際に机に向かって英語や簿記の勉強をするといった "本質的な努力" から逃げて回ってました。というのも本質的な努力をするのが怖かったんですよ。

 他人から「お前ってバカだよな」と言われればヘラヘラしつつ「俺ってバカだわ」なんて言ったりするのですが、内心では「本当の俺は頭がいいはず。ただ今は運が悪いだけ」なんて思っているわけです。やたらとビジネス本を読むのは、読んでいる間は「俺はなんと勉強熱心なんだ」と快感に浸れるから。けれどもいざ本質的な努力を開始して結果が出ないと嫌でも自分の頭の悪さを直視しないといけなくなるので、机には向かえない。

 だから今回のGACKTさんの記事を読んでネガティブな反応をしてしまうのも、自分が行動しない原因を自分自身に求めるのではなく、「GACKTが推奨しているのがナンパという迷惑行為だから」というところに帰結させたいからなのです。

 

 他人なんて所詮は他人で、生まれも育ちも考え方も同じにはならないのだから、自分に100%マッチするビジネスメソッドなんてないんです。万人に当てはまるようなメソッドを唱えられたところで「コイツは当たり前のことを言っているだけ」と白けるだけでしょう。

 今のビジネスシーンは高度経済成長の時のようにただ安さ・速さ・丈夫さといった分かりやすい数字を追えばいいだけの時代ではなくなりました。人々のニーズに繊細に対応していかなければならない時代にあって、成功者の語るメソッドも良いところは取り入れて悪いところは切り捨てる、そして行動するうちに自分にあった方法にカスタマイズするということをしていかないとダメだろうなと思いました。

-考え方

© 2022 名古屋とエンジニアリング