ガジェット

コードがないだけでこんなにも手軽で、毎週掃除したくなる『SOWTECH:コードレス掃除機』

 最近コードレス掃除機って流行ってるけど、コード式のものに比べて吸引力はどうなの?

 掃除機って電力をかなり消費するものだけど、コードレスだとバッテリーの持ちは?

 コードが無いだけで一体どれくらい便利になるの?

 

 今日はそんな疑問にお答えします。

SOWTECH

 

 僕は以前から「家事のやり方改革」と称して、家事にかける時間を秒単位で削る努力をしています。

 特に家事の中で家電に任せてしまえそうな作業は徹底的に家電に任せ、今まで『食器洗い機』『衣類乾燥機』『電動歯ブラシ』など、色んな家電を買い、そして時間の節約をしてきました。

 

 

 

 大きいところの時間の短縮はもはややりきった感があり、あとは日常に潜むささいな作業をいかに縮めていくかというフェーズに入っていたと思っていたのですが・・・

 

 まだ時間の節約をできるところがありましたよ。

 

 そうです、掃除(機)です。

 

 朝の通勤の電車の中で何気なくAmazonを開いているとコードレス掃除機がタイムセールということでいくらか安くなっているのをたまたま発見した僕は

 「まだ掃除の部分は手つかずだ!!」

 と思い、そのまま一番評判の良さそうな『SOWTECH コードレス 掃除機 サイクロン式 スティック ハンディクリーナー 充電式 フィルター交換不要 1kg 超軽量 コンパクト 4種類ブラシ付属 ホワイト』を買うことにしました。

 

 そして使い始めて一ヶ月。

 いや、たかだかコードがないだけでこんなにも掃除が手軽なものになってしまうとは!!

 僕は割と家事はしっかりやる方で、今まで掃除は月2~3はやる人間だったのですが、このSOWTECHのコードレス掃除機を買ってからは毎週やってます。

 

 ではなぜ掃除機のコードが、コードレスになっただけでそこまで感動してしまったのか、今日はその理由について語りたいと思います。

 

コードの抜き差しは、意外と面倒くさい作業だったと知る

 「生まれたときから鎖につながれた動物は、鎖から解かれた時、初めてその世界の広さを知る」

 コードレス掃除機を使ってまず思ったことはこれ。
 こんな中二病真っ盛りなフレーズが僕の心のなかで何度も叫びました。

 

 いや、あのね、コードがないだけでなんでそうも大層で青臭いセリフ吐けるんだって思うじゃないですか。

 これがコードがないと本当にこんなことを思うんですよ。

 

 僕らの世代って掃除機とコードはセットなものという認識があるせいで、コードレスの世界を想像できませんが、一度コードがなくなってしまうと

 いかにコードの抜き差しという行動が我々を「掃除はめんどくさい」と思わせていたか

 が分かるんです。

 

 大して広いわけでもない1Kの家に住んでる僕も一回の掃除でコードの抜き差しなんか4~5回ぐらいしかしませんし、その抜き差しっていう行動自体もトータルで数十秒って世界じゃないですか。だからこそこの行動って軽視されがちなんですが、実際にコードがなくなってみると「あれってめんどくさい行為だったんだな!」と分かります。

 

 コードの抜き差しがなくなったおかげで僕の掃除もほぼノンストップぐらいで終わるようになり、1回の掃除も今まで20分ぐらいかかっていたものがコードレスだと10分ぐらいで終わるようになりました。

 

コンパクト設計だからサッと掃除が始められる

  このSOWTECHのコードレス掃除機、スティック型で本体の大きさは2Lペットボトルより少し小さいぐらいのサイズと、意外とコンパクトな設計になっています。

 このコンパクト設計というのがミソで、これがもしキャニスター型のような、使い終わったら押し入れにしまわないといけないタイプであった場合、掃除を始めるのにもちょっとした労力が必要です。

 家事をこまめにやるコツとしては

 「いかにめんどくさいと思う要素を取り除いていくか」

 にかかっています。

 押し入れにしまっている掃除機を取り出す、もそうだし、コードの抜き差しもそう。

 やらないといけない行動が増えれば増えるほど、始めるときに心に負担がのしかかります。

 

 その点SOWTECHのコードレス掃除機はコンパクト設計なため、部屋の隅にちょっと置いておける。

 ちょっと置いておけるからこそ手軽に掃除が始められ、結局毎週掃除をできるようになるのです。

 

 また本体がコンパクトだからこそ掃除機を持ち上げることも簡単に行えるし、テーブルの上に何かゴミを散らかしてしまってもサッと掃除機をかけることができます。

 掃除機本体が重いとテーブルの上を掃除するってなかなか難しいんですよね。

 

コード式のものと遜色のない吸引力(だけど音は静か)

 僕は以前TWINBIRDの サイクロンスティック型掃除機を持っていのですが、こちらもそれなりの吸引力でしたが、SOWTECHのコードレス掃除機もそれと遜色のない吸引力を誇っています。

もちろんダイソンのような本格的な掃除機に比べたら吸引力は落ちますが、これくらいの価格帯としては十分威力を発揮しますし、少なくとも僕は「あれ、これゴミを吸わねぇな」と思ったことはありません。

 

 そして何より嬉しいのは音が静かだということ。

 恐らく夜に掃除機をかけても、隣の家の人がテレビを見ていたら気づかれないんじゃないでしょうか。

 それぐらいの音の大きさです。

 

バッテリーの持ちは30~40分

 コードレス掃除機の一番の心配点はバッテリーの持ちですが、SOWTECHのコードレス掃除機に関しては30~40分持ちます。

 僕は買って初めに1回充電しましたが、使い始めて1ヶ月で結局1回しか充電していません。

 ただバッテリーが無くなってくると多少吸引力は落ちるので、実質ちゃんと駆動するのは30分ぐらいかな、と思います。

 

 僕も最初は「せめて掃除1回分はバッテリー持ってくれよ」と思っていましたが、十分駆動しました。

 

 以上がコードレス掃除機に感動した理由でした。

 普段から「こまめに掃除はしないといけないって分かってるんだけど、なかなかやれない」という人は、ぜひコードレス掃除機を買ってみたらいいのではないでしょうか。

 きっとあまりの便利さに毎週掃除をしたくなってしまうと思います。

-ガジェット

© 2022 名古屋とエンジニアリング