ガジェット

日常のちょっとした家事の時間を楽しくする『Anker SoundeCore』

 Anker SoundCoreを買いました。 

 僕は普段そこまで音楽を聞くわけでもないし、音にもこだわりがない人間ですが、「一人暮らしで家事をやってるときがなんか手持ち無沙汰だなー ラジオ代わりにYouTubeでも流せるようにBluetoothスピーカーが欲しいなー」と思い、AmazonでオススメされていたAnker SoundCoreを何気なく買った訳ですが、想像以上にいい製品だったので今日はこちらのレビューをしたいと思います!

AnkerSoundcore

 

 僕は普段テレビを観ません。

 というのも一人暮らしなので仕事から帰ってくると色々と家事をやる必要があり、じっとしながらテレビを観てる暇が無いんですね。

 観る暇がないとはいえ、一人暮らしの家で何の音も無いのも寂しいのでテレビを点けていたりもするのですが、やはりテレビは画面を観る前提のものなので物足りなさを感じます。

 スマホでRadikoの音声を流してみたり、YouTubeの音楽を流したりしてみても、スマホ本体の貧弱なスピーカーでは満足できない。かといってイヤホンをしていても家事をやるのに邪魔くさい。Bluetoothのワイヤレスイヤホンを使ってみても、そもそも家事をやっているときに耳を塞がれるのがなんともしがたい。

 

 で、買ったのが『Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー』でした。

 

 

パソコン横や枕元、キッチンに気軽に持っていけるコンパクト設計

 このAnkerSoundCoreの優れたところは小型でありながら非常にパワフルな音を出しまして、音量をマックスにしておけば一人暮らしのワンルームであればどの場所にいても音が聞こえる仕様になっています。音の大きさとしては30インチの液晶テレビと同じぐらいの音量を出力できる、かつ、高音質となっています。
 また小型ゆえにどこにでも気軽に持っていけるので、料理をしているときはキッチンの横に置いておけば、音楽を聞きながら料理をすることも可能。僕が一番良く使うのはアイロンがけをしているときですね。横においてRadikoを流しながらスーツのシワを伸ばしてます。

Soundcore1

キッチンに置けば音楽を聴きながら料理も可能。
(写真はコンロの近くにおいてますが、危ないので普段は別の場所に置いてます)

 

大きさとしては500mlペットボトルをもうひと回り小さくしたぐらいです

 

Bluetooth接続がものすごく楽

 Bluetoothデバイスの面倒くさいところって、接続設定だと思います。特にカーナビとかでペアリング設定を行うときって、いちいちペアリング設定画面を出して接続待機モードにしたりして、それでもってなかなか繋がらずイライラしたりしますよね。
 ところが本機AnkerSoundCoreではそれが全く無い。電源を入れた瞬間にペアリング待機モードになってあとはスマホやパソコンから接続設定をすればいいだけ。それでいてペアリング失敗することがほとんどないのでストレスが全くたまりません。
 今繋いでいる機器の接続を解除したいときは本機の上の右端にある"Bluetoothボタン"を押せば一発で解除。その後別の接続したい機械で接続設定を行えば簡単に繋げてしまいます。

 

マイク内蔵かつAUX対応

 本機はマイク内臓なので、スマホを接続している時に電話がかかってくればそのまま対応できてしまいます。
 といってもマイクはそこまで精度が良いわけではないので、本機をカラオケのマイクのようにして口元に近づけないとうまいこと声を拾ってくれません。ただこの内蔵マイク、僕の使っている環境があまり良くないのか周りからは「音質が悪い」と不評です。電話がかかってきたときはおとなしくペアリング設定を解除してスマホ本体のマイクで通話したほうが良さそうですね。
 またAUXにも対応しているので、Bluetoothに対応していないちょっと古いMP3プレーヤーの音楽を流すときもケーブルを使えば一発です。

 

1日8時間近く使っていても充電は2週間に1回あるかないか

 僕が本機を使っていて一番驚くのはこれです。バッテリーの持ちが驚くほど良い。
 家に帰ったら僕は基本的に電源を点けっぱなしにするので1日8時間近くは使っています。(音楽を流しているのは実質2時間程度ですが)
 それでいても充電が2週間に1回あるかないかぐらい。本機を買ってからそれなりの月日が経っていますが、充電した記憶があまりないです。

 

タイムラグが有るのが難点

 基本的に欠点がないAnkerSoundCoreですが、唯一弱点があるとすれば音にタイムラグがあることですね。といってもこれはBluetooth全体の弱点なのでAnkerSoundCoreが悪いわけではないのですが。遅れると言ってもほんの0.1~0.2秒程度ですが。
 僕は本機を使ってラジオや音楽のような音声コンテンツを楽しむだけなので全く問題ありませんが、これが映画を観るとなると映像と音声にわずかなタイムラグが発生するので気になる人は気になるかも知れませんね。といってもほんとに「わずかに遅れてるかな」という程度なので、そういったものが平気な人は大丈夫だと思います。ちなみに僕は大丈夫な人間でした。

 

 

 以上がAnkerSoundCoreのレビューとなります。
 一人暮らしの家事の時間って、やっている間は当然他のことができないので結構無駄な時間になるんですよね。料理や洗濯、アイロンがけをやっている間にこうやって音声が聞けると時間を有益に使えますし、何よりも家事を楽しく行うことができます。
 僕のようにラジオやYouTubeを普段よく聞く人で、音質にそこまでこだわりがなければAnkerSoundCoreはオススメです。

 最後にもう一つ欲張りなことを言うと防水加工だともっと良かったなと思います。ただ防水加工のバージョンのものは既に発売されているらしいので、僕も頃合いを見て買い替えたいと思います。

-ガジェット

© 2022 名古屋とエンジニアリング