恋愛 考え方

恐らく統計データは非モテ男と高望み女を救わない

 Twitterを見ているとほぼ毎日「日本は女性にとって生きづらい国である」というトピックで激しいレスバトルが繰り広げられています。

 女性側のこういった主張に対して男側が様々な統計データを持ってして「実は日本の女性というのは世界でも有数の恵まれた存在である」「本当に生きづらいのはむしろ男だ」「女は高望みをするな」という反論を行う訳ですが、僕はこれが本当に無意味な行為だなと思うわけですよ。

 そもそもこういった主張の大半が統計データに基づいて「女性にとって生きづらい国である」と叫ばれているわけでなく、あくまでもそれぞれが実体験に基づいて生きづらいと言っているだけなのです。そこで統計を持ち込まれたところで「あぁ、私の生きづらさは幻想だったんだ(スハァー)」とはならないんですね。

 

 何が言いたいかって言うと、本人がツライと感じたものは周りがどう言おうとそれが真実なのですよ。

 

 特に男女の性差に基づく感覚の違いって絶対に相容れないもので、これは例えてみればアフリカの貧困国と日本の関係みたいなものなんです。明日食べるものにも事欠くような難民の人からしたら日本なんてモノに溢れて公園に行けば水もタダで飲める、バイトでもすればとりあえず食うには困らず、最悪生活保護という制度まである。一見とても幸せそうな国に見える。

 でも我々日本人が「日本は生きやすい国だ」と心の底からストレートに主張できるかと言うとちょっと違いますよね。「なんでこんなにも自殺者が多いの?」と難民の人に問われたら「言葉で説明するのは難しいけど、日本の社会では責任というものを背負わなくてはいけなくて・・・」と返しはするんですけど「はぁ、お前ら何言ってんの? 水はタダで飲めて、よっぽどのことがない限り食いっぱぐれることもないのに、なに高望みして勝手に責任感じて死んでるんだよ。日本は責任を負わないといけないって、それお前らが勝手に背負ってるだけだろ」と言われるのがオチです。言わんとすることは分かりますが、その言葉を聞いて背負ってる責任をどこかに降ろせるものならとっくの昔に降ろしているでしょう。

 日本人男性が難民の方に統計としていかに日本が恵まれた国であるか突きつけられたところで何かが変わるわけでもないのと同様、日本の女性が男性から「実は日本の女性というのは世界でも有数の恵まれた存在である」「高望みをするな!」と言われたところで本人の感覚としては全然恵まれてもないし、高望みもしてないんですよ。

 そもそも男側だって生まれたときから身の丈を考えた選択ができるわけではありません。社会に揉まれていく中でちょっとでも頼りない一面を見せたり弱音を吐こうものなら女の子が即座に離れていくという苦い経験をして「あぁ、男は常に強くあらねばいけないんだな」「高望みをしたところで誰も幸せにならない」と思うようになっていくわけじゃないですか。これって別に統計データを突きつけられて身につけたものではないんですよね。

 

 話は変わって、僕個人の体験談を語ります。

 僕は社会人になってしばらくしてから街コンやら合コン、相席居酒屋など出会いの場に積極的に参加するという、いわゆる "恋愛市場で泥水をすする" 行為をしていました。初めの方は女の子から全く相手にされず、しかも食うだけ食われて逃げられる、プレゼントを受け取るだけ受け取って逃げられるということをされ、女の子たちのあまりの傲慢さに常に腹を立てていました。

 しかしそれがある程度経験を積んで、女の子と深い関係になれるようになって相手の本音を聴いてみると世の女の子たちってまぁ男からアプローチされてるんですよね。女の子本人としてはそれが当たり前になっているので敢えて大っぴらに語ることもないですけど、以前ほんっとうに見た目が普通なJDの女の子が街コンで知り合った社会人にブランド物の100万円もするアクセサリーを贈られて求愛されているという話を聞いた時は仰天しました。その後も色んな女の子から同じようなエピソードを聞いたときは「こんなアプローチを日常的に受けてたら傲慢にもなるわ」と納得したのをよく覚えてます。

 僕もまだ経験が浅い頃は女の子に対して正論で挑もうとした時期もありました。でも男なら掃いて捨てるほどいるので全然相手にされないわけですよ。だから統計データを突きつけてレスバトルする人たちを見てると、まるで過去の自分を見ているみたいで胸がキュッとなるんです。それ、やっても全然意味ないから、と。

 統計データの数字を集める暇があるなら、それよりもまずは何かって言うとすぐ女の子に「どしたん、俺で良ければ話聞くよ?」とやってしまうナヨナヨしている男をシバキ倒す方が話は早いと思うんです。そのうえで筋トレするなり仕事で稼いで男の魅力を上げて、ちゃんと女を自分のところで囲ってガタガタ言わせないようにしておけよと。統計データを突きつけて相手の行動を変えようとするのではなく、これからの時代はこうやって個人戦を各地で繰り広げて行くしかないと感じるんですけどねぇ。

-恋愛, 考え方

© 2022 名古屋とエンジニアリング