ガジェット

小型で低価格、かつ高性能で動作も軽快『FREETEL SAMURAI MIYABI 雅』

 『FREETEL SAMURAI MIYABI 雅』って5インチクラスでは一番売れているけど性能はどうなの? 2015年発売でAndroid 5.1だけど、使い物になるの? バッテリーの持ちは?

 今回は『FREETEL SAMURAI MIYABI 雅』を買って3ヶ月になる僕が、そんな疑問にお答えしつつ本製品のレビューを行いたいと思います。

MIYABI

 

 以前このブログでご紹介した『OUKITEL C12 PRO』ですが、あまりの性能の良さに感動しており「最近のSIMフリースマホは1万円台でこんなにも高性能なのか! だったらメイン機として同じくSIMフリーのスマホを1台買うか!」と思い、『OUKITEL C12 PRO』とは別のスマホを探すことにしました。

 

 『OUKITEL C12 PRO』の唯一の難点といえば6.18インチという大画面のためポケットに入らずメイン機としての使用は向かない点。その点を踏まえ、5インチかつ1万円台のスマホを探したところ上位にこの『FREETEL SAMURAI MIYABI 雅』が来たため、思い切って購入することにしました。

 

①小型だけれどもメイン機として十分耐えうる性能(良い点)

 この『FREETEL SAMURAI MIYABI 雅』の不安な点としては2015年発売のAndroid 5.1というところです。今から3~4年前に発売された機種で、しかもAndroid5.1で1万円台となると不安で仕方がなかったですが、意外や意外なことに動作がものすごいサクサク! 僕が以前メイン機として使用していたXperia SO-04Gと同等の動作性を誇っています。
 ネットブラウジングやLINE、YouTubeを使っていてもカクつくことはありませんし、よっぽど重いスマホゲームでない限りはこれでも十分動作すると思います。(Amazonのレビューを見ても『ポケモンGo』も十分動作している模様)

 

②スタイリッシュな本体デザイン(良い点)

 この『FREETEL SAMURAI MIYABI 雅』はどうやら和をイメージしているらしく、デザインが非常にカッコいいものとなっています。

 

MIYABI2

MIYABI3<MIYABI(ミヤビ)の特長|FTJ152C-Miyabi|FREETEL(フリーテル)のSIMフリースマホ> 

 SIMフリースマートフォンにありがちな「変にデザインに凝って、逆にチャチな感じが出てしまう」というのは『FREETEL SAMURAI MIYABI 雅』にはありません。むしろこのMIYABIに関しては4万円ぐらいするような高級感さえ漂っています。

 

③バッテリーの持ちはあまり良くない(悪い点)

 この『FREETEL SAMURAI MIYABI 雅』の唯一と言ってもいい悪い点はバッテリーの持ちの悪さです。
 平日仕事があってそこまでヘビーに使わないときでも1日で70%ほど消費してしまいますし、土日に街に遊びに行く時に電車の中で1~2時間使用して、また色んな待ち時間でこまめに使用していると家に帰る前には確実に電池残量が0%になってしまいます。なので思い切り使いたい時はモバイルバッテリーの携帯は必須です。
 本機のいいところはバッテリーパックが内蔵式ではなく、背面カバーを取れば取り外し可能なタイプなのですが、残念ながらFREETELでは電池の販売が停止されてしまったので、劣化したら新品を買うということができなくなってしまったんですね。なんとも残念なお話です。

 

④カメラの画質がそこまで良くない(悪い点)

 僕は普段そこまでカメラを撮らないのですが、画質の悪さは強いて言えば多少気になります。十分カメラの機能を果たしはしますが、少しザラついた感があります。
 特に拡大しない限りパッと見たところは気にならないため、僕は特に気にしませんが、気になる人は気になるかもしれませんね。(ただこのスマホの購買層で気にする人はいないと思いますが)

 

 以上が『FREETEL SAMURAI MIYABI 雅』のレビューとなります。

 前回レビューした『OUKITEL C12 PRO』と比較しても遜色のない良い機体であります(バッテリーの持ち以外は)
 特に5インチ台で低価格スマホを選ぶとしたら本機以外の選択肢はほとんどなく、普段そこまでそこまでスマホは触らなく、次のピンとくる機種が出るまでのとりあえずのメイン機として1~2年使うという使用方法であればこの機種は買いです。

-ガジェット

© 2022 名古屋とエンジニアリング