ガジェット

自由な時間が欲しい人が買うべき3つの家電

 こんにちは、東城(@hiroyuki_t_ngy)です!

 僕はアラサーになってから文系事務職→組み込み系エンジニアに転身し、SEとして現在バリバリ仕事をしています。

 忙しい仕事の合間を縫ってスキルアップにも励み、直近2年では毎日最低1時間は勉強。トータルでは1000時間も勉強することが出来たこともあって、TOEICでは855点を取得することが出来ました。

 また、長年コンプレックスだった自分の痩身体型を改善するため増量にも挑戦し、同じく2年で52kg→67kgまで変化。単純に体重を増やすだけなく同時並行で週3のジム通いも継続することで今ではTシャツ一枚でもバシッと決まるようになりました。

 元々意志力が弱かった僕がなぜ勉強も筋トレも継続できたかと言うと、それはとある3つの家電製品を購入したことで家事にかかる時間が大幅に減り、自由に使える時間が劇的に増加したからなのです。

 そのため今回は

  • 家事の時間を節約するために買うべき家電
  • 家電を使ってどうやって時間を節約するか
  • どこで買えばいいのか

 について書いていきたいと思います。

読んでほしい人

  • 一人暮らしをしている
  • 家事に追われている
  • 自分の好きなことに時間を使いたいと思っている

1.食器洗い機

 まず、家電製品を買うにあたって一番最初に考えないといけないことは「毎日繰り返しやっている作業を家電製品に代行してもらえないか」ということです。

 そして毎日の生活の中で必ず発生するイベントが「食器洗い(洗い物)」です。

 洗い物って嫌ですよね。ご飯を食べて満腹になった直後だとやる気が出ず、そのまま放置してしまう。本当は食べ終わった直後に洗い物ができれば汚れもすぐに落ちるのですが、時間が経つとなかなか落ちない。

 汚れが落ちないと分かっているから洗い物も積極的には出来なくて、食器がどんどんシンクに溜まっていってしまう。

 そんな悪循環を一発で解決するのがこの食器洗い機なのです。

 特に上でリンクを貼っているエスケイジャパンというメーカーの「Jaime(ジェイム)」は背面にあるタンクに水を注ぐだけで動作するので水道管の工事が不要です。ですので一人暮らしの狭いキッチンでも使えます。

 これさえあれば食べ終わったら食器をこの機械に突っ込んでおいて、1分程度の準備時間で水をセットしてあとはボタンを押せば全部自動で食器をきれいにしておいてくれます。

 食器洗い機さえあれば食後に食器を水に漬けておく必要もないし、洗っている途中に水がはねてキッチンや服が汚れることもないし、何より6リットルの水量で洗いをやってくれるので水道代の節約にもなるのです。

 僕は元々洗い物が好きではなくて、家で料理を食べていても後半には「はぁこの後洗い物をしないといけないのか・・・」といつも憂鬱になっていました。

 しかしそれが食器洗い機の導入で見事に解消されたため、普段の生活における大きなストレスが一個減り、晴れやかな気分で最後までご飯が食べられるようになりました(笑)

 

2.スチームオーブンレンジ

 最近何かと話題なスチームオーブンレンジ。有名なところだとPanasonicの『Bistro』SHARPの『ヘルシオ』なら皆さん一度は耳にしたことがあるとお思います。

 初めは僕も全く興味がなかったのですが「毎日の家事の中で大きな割合を締めている『料理』の時間をなんとか削れないか」と考えたところ、スチームオーブンレンジにたどり着きました。

 僕はPanasonicの『Bistro』を所有しているのですが、このオーブンレンジを使えば男の一人暮らしで作っている料理など全てボタンワンプッシュで賄えてしまうのです。

Bistroで出来る料理

  • 野菜炒め
  • パスタ
  • カレー
  • 焼き肉
  • 温泉卵
  • 餃子
  • その他多数

 特に焼き魚となると庫内に仕込まれているセンサーで焼き加減を制御しているので焦げ付いてしまうということがありません。夜遅くに家に帰ってきても、魚をBistroに入れて焼き魚モードにセットしていれば、その間に自分はシャワーを浴びることも可能。風呂から出て髪を乾かし終わった頃に魚が焼き上がっているので、時間を全く無駄にすることがありません。

 ちょっと小腹が空いたなと思ったときでもウィンナーやベーコンをグリルモードでカラッと焼いて食べることも出来ますし、餃子なんかはスチームとの合わせ技でお店で食べるのと同様の焼き加減を再現できます。

 このBistroを買ってからというもの、料理でやることは食材を簡単に切るぐらいで、あとは完全にBistroに任せてしまっています。

 火を使わないからキッチンに張り付いていなくてもいいし、それゆえ汚れも出ない。今ではキッチンの掃除も月に一度やるかやらないかぐらいになりました。そしてレンジ庫内の掃除も専用のモードがあるので、雑巾でサッと拭くだけで完了するのが嬉しいところ。

 今の所スチームオーブンレンジといえば『Bistro』と『ヘルシオ』が有名ですが、「どっちを買えばいいの?」という質問に対しては「恐らくどっちを買っても同じなので、好きなデザインの方を選べばいい」と思います。

「Bistroは火力が強い分、短時間で調理ができる」「ヘルシオは高機能な分、多様な料理を作ることができる」ぐらいの違いで、一人暮らしで簡単に作って食べる分にはほぼ影響が出ないレベルの差異でしょう。

 

3.乾燥機付き洗濯機

 僕は洗濯物を干すのだけは好きだったので特に乾燥機能付きの洗濯機は欲しいと思っていなかったのですが、「家電製品で削減できる家事時間は極限まで削減しよう」ということで最近遂に買いました。

 そして使ってみて分かりました。

 乾燥機能って猛烈に便利。

 こうやって便利になってみて気がつくのですが、洗濯をするのって意外と重労働だったりするんですよね。

  1. 洗濯機から服を取り出す
  2. ベランダに持っていく
  3. 一枚一枚ハンガーにかける
  4. 乾いたら取り込む
  5. ハンガーを外す
  6. 服をたたむ

 ところが乾燥機能付き洗濯機で一気に乾燥までやってしまうと、この2~5までの手順をすべてすっ飛ばせるわけです。

 僕の場合は普段ワイシャツと下着・タオルで脱衣かごを分けているのですが、特にタオルだけで乾燥をやってしまえば、洗濯機からタオル置き場まで一直線で収納することができます。(タオル置き場を洗濯機のすぐ横に配置している)

 また乾燥機能がついていれば梅雨時に雨が続いて外に干せなくても気にならないし、まして天気が不安定な時に洗濯物を干していると気がきじゃありません。

 そういったストレスが軽減されるのも大きなメリットですね。

 

家電が高くて買えないというときは

 メルカリを使いましょう。

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

 何もわざわざ新品で買う必要はないんです。メルカリで中古で出品されている型落ち品で十分です。

 Amazonや楽天でこれらの家電製品を買えば合計で30万円ぐらいかかりますが、メルカリを使えば半額の15万程度に抑えることができます。

メルカリスチームオーブンレンジ

 これなら新卒の1回分のボーナスでなんとか支払える額です。
 1回で買い切らなくても、ひとつずつ買っていける。

 最初は「えー、こんなにお金が必要なら皿洗いも料理も全部自力でやるよ」と思ってしまいがちなのですが、これらの家電を買えば月で10時間の節約になったりします。そうすると年間で100時間以上の時間の節約になるわけですが、もし浮いた時間で残業をしたと考えたら余裕で元は取り返せてしまうんですよね。

 

家電製品を使うと日常のストレスが減る

 家電製品を使うと、家事時間の節約になる以上に、家事に伴うストレスが減るというのも見逃せないポイントです。

食器洗い機
 →洗い物が不要になり、シンクに食器が溜まらない

スチームオーブンレンジ
 →内蔵センサで焦げ付きがなくなるので、キッチンを離れても良い

乾燥機能付き洗濯機
 →外に干さなくて良くなるので、雨の心配をしなくても良くなる

 人が一日に対処できるストレスの量って決まっています。

 家電製品を買うだけでストレスが減るのであれば、買わない手はないでしょう。

 家事に忙殺されて本当にやらないといけないことに手が回らなくなってしまったらもったいないですもんね。

 

 以上が、家事時間を削減し自由な時間を作り出すために役立つ3つの家電製品の紹介になります。

 値が張るので最初はどうしても買うのにためらいを覚えてしまいますが、一度使ってみれば二度と手放せなくなるでしょう。

 ぜひみなさんも無駄な家事時間を削減して、その時間をスキルアップや筋トレで魅力アップに使っていきましょう!

関連記事

-ガジェット

© 2022 名古屋とエンジニアリング